2007年11月11日

脳梗塞の画期的な治療法になればいいですね!

先日、『特集:脳梗塞の治療』の番組を見てとても驚きました。脳梗塞は今まで神経細胞死なので、治るとは全く思っていませんでした。札幌医科大学の医師が、患者自身から採取した骨髄を血管に入れると、殆ど麻痺していた手が5時間後に動き出すし、なんと言っても驚いたのは、CTで撮った脳梗塞層が減少しているではないですか?結局その治験に参加して患者は、治療を開始してから3ケ月くらいでかなり良くなって最後には退院してましたね。本当に驚きです。骨髄から出る神経促進因子や骨髄そのものが新しい神経になるなどのメカニズムの発見は、今後の医学の進歩に大きく貢献ですね。まだ私は脳梗塞には早い年齢ですが、先の事を考えたときに少し安心です。近いうちに新しい治療法として確立されることを心から祈ってます。
posted by kawachan at 12:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/65854285

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。